東京司法書士会三多摩支会
司法書士とは 支会紹介 無料相談 情報誌 イベント情報 リンク 研修会等情報(会員向)

 支会ニュース「アダージョマエストーソ」 第109号 201210,01

 ■ 目 次
  1. 支会研修会「登記業務に関連する税務の基礎知識(続編)」を開催
  2. 「新職務上請求書の取扱いについて」と題して支会研修会が行われる
  3. 支会研修会「財産管理人の実務(第2回財産管理人研修)」を開く

 平成24年9月11日(火) 登記業務に関連する税務の基礎知識〜続編〜の研修会を開催

 残暑とは思えぬ厳しい暑さの中、立川市女性総合センター「アイム」において本年度第3回目となる三多摩支会研修会が、平成24年9月11日(火)開催されました。
 今回のテーマは、前回大変好評であった税務関係研修に引き続き、その続編として、税理士でもあります府中支部の市橋正造会員にご講義をお願いしました。
 講義前半の商業登記の分野では「会社設立登記業務で知っておきたい法人税等の関連知識」として、会社設立後の各種届出についてや役員に関する税務上の取り扱いについてのお話を伺いました。設立
登記までしか知らない私たちにとっては大変興味深い内容でした。
 後半は不動産登記に関するもので、主に相続税と贈与税について事例形式で解説していただきました。代物弁済や譲渡担保に譲渡所得税が課せられる可能性があることや、相続における限定承認に関しても譲渡所得とみなされる場合があることなどを知ることができました。
 普段登記業務を行うにあたり、依頼者から寄せられる税金に関する問い合わせは多いかと思います。実際の税金計算
や申告は税理士にお任せするにしても、各種登記手続に関連する最低限の税務知識は是非とも身につけておきたいものです。今回の講義を受けて、これからは依頼者により満足のいくサービスを提供できるようになれたのではないかと思いました。 上へ

 平成24年9月21日(金) 新職務上請求書の取扱いについて研修会が行われる

 9月21日、立川市女性総合センターアイムにおいて、「職務上請求」に関する研修会が開催されました。
講師は、東京司法書士会副会長 野中政志先生 でした。
 10月1日より新しい職務上請求に切り替わることから、職務上請求の使用上の注意と司法書士に職務上請求の使用が認められる根拠とはなにか再認識する内容でした。
 レジュメは、「戸籍法」「住民基本台帳法」などの新旧の条文
や、「司法書士の職務」「1号様式・2号様式の使用について」といった内容がが取り上げられており、職務
上請求書と一緒に保管しておけば、職務上請求の使用に疑問があるときにも、すぐに根拠を調べられるわかりやすい資料でした。
 今後も運用が変わる可能性もあるようですが、責任ある職務上請求の運用について、意識を高めるよい機会になったのではないかと思います。
 これからも同様の研修が行われることが続くと思いますが、ぜひ一度参加されてみてはいかがでしょうか。 上へ

 平成24年9月25日(金) 第2回財産管理人研修「不在者財産管理人の実務」の報告

  秋分の日を過ぎて朝晩幾分凌ぎやすくなり、研修会場にはスーツ姿の会員も多く見受けられた。今回の研修は財産管理人研修の第2回目であり、講師には前回に引き続き熊本県司法書士会井上広子先生
を迎え、「不在者財産管理人の実務」をテーマに多くの会員の参加を得て9月25日(火)国分寺Lホールに
て行われた。
 研修の内容は、事前に出された課題「権限外行為許可申立書起案(遺産分割事案)」を、参加者が支部毎のグループ(1グループ7、8名)に分かれ、討論した内容を発表する形式で行われた。
 今回の研修の成果として、実務に役立つ申立書のモデルとして作成し、後日配布されるようだ。
 今後の研修については、第3回「相続財産管理人の
実務」10/26(金)、第4回「事例検討」・「倫理」11/12(月)が予定されている。上へ