東京司法書士会三多摩支会
司法書士とは 支会紹介 無料相談 情報誌 イベント情報 リンク 研修会等情報(会員向)

 支会ニュース「アダージョマエストーソ」 第112号 201211,09

 ■ 目 次
  1. 三士会(八王子)、サザンスカイタワー4階で法律・税務・登記無料相談会を開催
  2. ハロウィンin多摩センター会場で多摩支部&三多摩支会が無料相談会を開催
  3. 社会問題対策部市報過疎対策委員会、奥多摩町ふれあいまつりで相談会を開催

 平成24年10月21日(日) 三士会、法律税務登記無料相談会を八王子で開催

 10月21日、JR八王子駅南口サザンスカイタワー4階の八王子市役所「八王子駅南口総合相談事務所」にて、三士会(八王子)無料相談会が開催された。
 当該会場は八王子市役所が駅前事務所に相談ブースを併設したもので、今後様々な市民サービスに
提供していきたいとの意図もあり、八王子市の全面的なバックアップも受けることができた。
 当日は弁護士・税理士・司法書士の各士8名が1つの相談ブースに同時に着き相談を受ける形式で行われた。好天に恵まれ、35名の相談者が訪れた。
 相談実績は以下のとおり。
相談件数
法律相談 22件
税務相談 15件
登記相談 6件
  相談者へのアンケートで、本無料相談会を知った手段を尋ねたところ、 @八王子市役所の窓口での紹介が15名 A八王子市役所・八王子税務署に置いたチラシで知った方が8名 Bホームページで知った方が3名 C地域紙「ショッパー」で知った方が4名 Dその他が5名だった。
 上記の統計は、受付及び相談票にて収集した情報であるが、相談内容は、三士が同時に相談を受けるため、一つの士業の業務範囲にとどまることなく、相談者に対して様々な範囲でのアドバイスを提供できたように思われる。
 3士業合同の相談会は相談に訪れる市民の悩み解決の点からもおおいに期待されているので、 今後も継続的に開催していくことが重要だと思われる。 (八王子支部 足立直哉)  →上へ
 

 平成24年10月27、28日(土、日) ハロウィンin多摩センターで支部&支会の相談会

 10月27日、28日の2日間、午前10時から午後5時までの間、多摩センター駅のパルテノン大通りで、ハロウィンin多摩センターテントバザールが開催されました。
 このお祭り会場で、多摩支部は三多摩支会の応援も得て相談会のテントブースを設けて無料相談会を開きました。多摩支部から10名、三多摩支会から7名の参加で、2日間午前午後の4枠に分けて相談に当たりました。相談件数は 、27日が17件、28日が10件でした。
 「ハロウィンin多摩センター」は、30万人以上の人出がある大きなお祭りです。ハロウィンは子供がお菓子をもらって歩く
お祭りなので、キャンディーなどのお菓子を用意し、相談テントの前で「じゃんけんに勝ったらお菓子をあげるよ」と声をかけたところ、行列ができる大盛況となりました。 そこで、子供に付き添う大人にパンフレットを渡したり「お母さんに渡して」と子供にチラシを預けたりしました。キャンディーで喜んでくれる子供たちに、私たちの方が元気をもらって、とても楽しい時を過ごしました。
 相談内容は、やはり相続が多かったと思います。特に、相続登記をしないでそのままになっている田舎の不動産の相談が2件もあって、これは全国的に大変な問題だと思いました。  (多摩支部 松村友子)  →上へ

 平成24年10月27、28日(土、日) 「奥多摩町ふれあいまつり」で相談会を開催

 社会問題対策部司法過疎対策委員会は、2012年10月27日、28日に開催された「奥多摩町ふれあいまつり」に、法律相談のテントとして参加しました。
 例年会場とされている奥多摩総合運動公園は、芝生の施工中の
ため、今回は氷川小学校での開催です。1日目は何とか天気ももちこたえましたが、2日目はお昼前には本降りとなってしまいました。 
 来場の方にパンフレットを配布していると立ち止まってパンフレットを手にとっていただき、立ち話のまま相談となるケース等も含めて1日目は9件、2日目は雨にもかかわらず30件程のご相談を頂きました。
 2日目には武田震災対策支援室長が多摩センターで開催されているハロウィンin多摩センター2012の相談会場から運んできて下さった司法書士制度140周年の記念Tシャツを着て、一体感のある活動となりました。
 抽選賞品としてお祭りに提供した三多摩支会の携帯ストラップは大変好評で、この抽選に参加するには
どうしたらよいかとの質問もありました。配布したパンフレットのうち東京司法書士会発行の「相続のお話し」は、市民の皆さまにも身近な問題のため、 みるみる無くなっていきました。 (司法過疎対策委員会)  →上へ