東京司法書士会三多摩支会
司法書士とは 支会紹介 無料相談 情報誌 イベント情報 リンク 研修会等情報(会員向)

 支会ニュース「アダージョマエストーソ」 第131号 2014,07,11

 ■ 目 次
  1. 都市過疎対策委員会、清瀬市野塩団地で地域交流会の模索
  2. 都市過疎対策委員会、八王子市館ヶ丘団地で地域交流会
  3. 都市過疎対策委員会、武蔵村山市村山団地で地域交流会
  4. 山梨県小菅村の多摩源流まつりで山梨県甲斐と合同で無料相談会を開催  

 平成26年4月1日(火) 都市過疎対策委員会、清瀬市の野塩団地で地域交流の模索

 4月1日(火)、村上先生、児玉先生と吉田の3名が、清瀬市野塩団地の老人いこいの家にて、孤立死対策活動の紹介をしてきました。
 野塩団地は、自治会長が積極的に地域活動をされており、清瀬市の見守りネットワークである「ふれあい見守りネットワーク」の見守り協力機関となっています。しかし、高齢化が進み、自治会独自の活動はなかなか難しくなっているところ、 野塩の老人会「むらさき会」は毎日のように活発な活動をされています。そのような中で、我々三多摩支会が、活動に参加し、いつでも気軽に相談できる対象として司法書士を認識していただき、もって孤立化状態にある住民の解消へ、 少しでも役立てればと考えて、今回お邪魔したかたちになります。自治会長にご尽力いただいた結果、むらさき会の皆様も快く受け入れて下さり、今後毎月第3金曜日に、健康体操に集まった地域住民の方と交流をもたせていただくことになりました。
 本日は、約15名お集まりいただいた中で、司法書士と本活動の紹介をさせていただき、いくつかの法律問題のご質問をいただきました。消費者被害の件数も少なくなく、実際に多くの被害に遭われた方もご出席いただいておりました。 また、介護の問題について、悩みを抱えている方もおり、法的アドバイスというかたちで、我々がお役に立てる場面が多いように感じました。
 今後、定期的な活動を通して、皆さんの信頼を得ていき、地域活動の活発化へ向けて方策を検討していきたいと思います。 (都市過疎対策委員会 吉田智)  →上へ

 平成26年4月3日(木) 都市過疎対策委員会、八王子市の館ヶ丘団地で地域交流

 4月3日(木)、委員の久保と吉田の2名で、館ヶ丘団地の地域サロンに参加しました。
 今回で、6回目になり、活動開始から半年を経過しました。司法書士が参加することも自然と受け入れていただいているような雰囲気で、健康体操に途中参加しても違和感なく、地域サロンの一員として認めてくださっているかなあと感じました。
 今回は、1時間の健康体操のあと、館ケ丘団地内のパン屋の焼きたてパンを食べながら、茶話会がありました。茶話会の最中、司法書士から最近のニュース(性別変更後の特別養子縁組許可)と、実例を交えたお話をさせていただきました。 内容としては、少し難しいものと思われましたが、皆さん真剣に耳を傾けていただき、興味深い話だとお声がけもいただきました。
 また、地域サロン終了後、葬儀等の個別相談を受けました。細かい点については、即答出来かねる部分もあり、次回までに調査してくる旨お伝えしました。継続的に寄り添って相談できるということも、定期的な参加のメリットととしてあるものと思います。 ただ、あまり人前で相談できる内容でもなく、地域サロンでの相談活動も限界点を感じました。プライバシーの問題等で、地域サロンが相談の現場として適さない場合は、シルバー交番をお借りするなり、立川の相談センターをご案内するなりの判断が必要で、慎重な対応が求められるものと思います。
 半年を経過したということもあり、これまでの参加の反省をしながら、次のステップに進めるよう委員会内で検討していきたいと思います。 (都市過疎対策委員会 吉田智)

 4月3日木曜日、館が丘団地の地域サロンあけび会を、吉田、久保で訪問しました。
 今回は健康体操でした。われわれもまぜてもらい一緒に体操をしてきました。
 他のサークルの旅行と日程が重なっていて、そちらに参加している人もいるということで、参加者はいつもより少なくスタッフを合わせて十数名といったところでした。体操の後はいつものようにパンとお茶をいただきながらみんなでおしゃべりの時間でしたが、そこで少し時間をいただき吉田さんが話をしました。
 前日の新聞で取り上げられていたということで、性別を変更して結婚した人の子の取り扱いについて話しました。話の時間が少し長くなってしまいましたがみなさん興味を持って聞いてくれたようでした。
 会が終わったところで、吉田さんが参加者のひとりから、死後に葬儀をせずに火葬だけする手続きについて質問を受けました。
 館ヶ丘については、われわれの地域サロンへの訪問は定着し、参加者の方たちから気軽に声をかけてもらえる関係ができてきました。今後はさらに、目的である地域のつながり強化・孤立死防止に向けてより貢献できるような活動を考えてやっていきたいと思っているところです。 (都市過疎対策委員会 久保和秀)  →上へ

 平成26年4月15日(土)  都市過疎対策委員会、武蔵村山市の村山団地で地域交流

 4月15日火曜日、村山団地の昼食会に参加しました。今回は、羽石先生、武田次長、吉田のほか、古賀先生にも初参加いただき、4名で対応しました。
 皆さんがお昼をとられた後12時30分からお邪魔し、オカリナ演奏を一緒に楽しみました。奏者の方も昼食会のために練習を重ね、参加者もこれを楽しみにされているのがよく感じられました。
 オカリナ演奏後は、初めて昼食会に参加された方もいらっしゃいましたので、まずは我々の自己紹介をしました。そのあと、事前にシルバー交番の相談員の方から、最近老いじたくの学習会があったとのことなので、エンディングノートと遺言のお話を少しだけさせていただきました。 エンディングノートについては、ほとんどの方が耳にしたことがあるようですが、書いたことがある方は20数名中1名だけでした。
 質問は遺言についていくつかありました(遺言の内容は皆に見せないといけないのか、遺言は実印を押さないといけないのかなど)。
 簡単なスピーチを終えて、いつもどおり、各テーブルに分かれて茶話会を始めました。今回は司法書士4名が参加しましたので、人数的には十分でした。個別相談希望者は13時30分からという案内をしたところ1名、相談希望者が時間までお待ちいただけなかったのか、いつのまにか帰られてしまいました。 来月もまた司法書士が来るということで帰られたようですが、対応の仕方を考えさせられました。
 お茶会のほうは、どのテーブルも盛り上がっており、相談活動も充実したのではと思います。私のテーブルでは相続時の銀行口座凍結の話で盛り上がっておりました。ただ、今回口座凍結を非常に心配されていた方が単独の推定相続人でしたので、心配はいらないことを伝えました。
 茶話会終了後、個別相談がある方は申し出てくださいと伝えましたが、そのように案内するとあまり積極的に前へ出る人は少ないように感じました。
 次回は5月16日(金)を予定しています。 (都市過疎対策委員会 吉田智)  →上へ

 平成26年5月4日(日) 山梨県小菅村の源流まつりで山梨県甲斐と合同法律相談会を開催

 今年も例年通り、社会問題対策部の事業として、山梨県小菅村で行われた「第27回多摩源流まつり」に参加しました。毎年、山梨県司法書士会と協働して無料法律相談会を開催していますが、今回は新しい試みとして法律クイズを行いました。 広報部の作成したエコバッグを、クイズ正解者に配布するという企画でした。また、相談会のチラシと併せてポケットティッシュと飴玉、マグネットの袋詰めをお配りしましたが、数百個用意した配布物は早々に配りきることになりました。
 お祭り日和の晴天で、人出が多かったこともありますが、当事業にご協力いただいた司法書士会員が三多摩支会から18名と、大変多くの会員に積極的にご参加いただいた結果だと思います。多くの司法書士が、司法過疎地域に実際に足を運ぶことで、 改めて司法過疎対策の意義を認識していただき、もって県境の過疎地域の方々への支援を充実させていくことに繋がるのだろうと考えています。
 なお、相談件数自体は3件にとどまりましたが、最後に参加者の意見交換において、相談会場の設置場所等、次回に向けて検討事項が明らかとなり、本事業もより良いものへと前進させられるものと思います。
 また、相談会の前日には小菅村役場の担当者を交えて、山梨県司法書士会、三多摩支会の協議会がもたれました。さらなる積極的な過疎地域支援活動を実現するため、年末には定期的な法律相談会を開催する方針が決まりました。
 クイズ参加者には司法書士の認知度や相談会の希望等に関するアンケートも実施しましたので、それらを踏まえて、過疎地域であることを考慮しながら相談のしやすい相談会を目指して引き続き協議を重ねていきます。 (司法過疎対策委員会 吉田智)
アンケート結果 総数21
(平成26年小菅村多摩源流まつり)

(1) どちらにお住まいですか
小菅村 1
丹波山村 0
上野原市 2
奥多摩町 0
檜原村 0
その他山梨県内 5
その他東京都内 10
それ以外 3

(2) 司法書士に相談できると知っているものはどれですか?
不動産の登記 14
会社の登記 11
成年後見業務 5
相続・遺言 17
借金問題 6
裁判 6
契約トラブル 6

(3) 法律相談について
法律相談に行ったことがある 3
心配なことはあるが、どこに相談してよいか分からない 4
心配なことはあるが、相談してよいことなのか分からない 2
心配なことはあるが、法律相談したいとは思わない 2
心配なことはないし、法律相談をしたいと思わない 7
回答なし 3

(4) 定期相談について
毎月開催してほしい 9
年2,3回開催してほしい 6
年1回開催してほしい 2
開催してほしいと思わない 0
わからない 4

(5) 出張相談について
あったほうがよいし、利用したい 18
あったほうがよいが、利用したいとは思わない 0
なくてもよい 1
わからない 2 


 「多摩源流まつり」のチラシ」上へ