東京司法書士会三多摩支会
司法書士とは 支会紹介 無料相談 情報誌 イベント情報 リンク 研修会等情報(会員向)

 支会ニュース「アダージョマエストーソ」 第167号  2017,8,23

 ■ 目 次
  1. 広報委員会、豊田駅北口のイオンモール多摩平の森で無料相談会を開催
  2. 府中支部、「司法書士の日」を記念した支部活動として市主催のレクリエーションに参加
  3. 司法過疎対策委員会、「払沢の滝ふるさと夏まつり」に参加して広報活動

 平成29念7月1日(土) 広報委員会、イオンモール多摩平の森で無料相談会を開催

  平成29年7月1日(土)10:00〜16:00、東京都多摩市多摩平にあるイオンモール多摩平の森店2階中央ブリッジにて、広報委員会による無料法律相談会が開催されました。
 イオンモール多摩平の森はJR豊田駅北口から徒歩3分の場所にある複合商業施設で、ショッピングや飲食だけでなく様々なサービスを提供する店舗やイベントを開催するスペースがあり、幅広い年齢層、特に親子連れ等の若い世代の人が多く訪れている印象があります。
 ここで広報委員会が相談会を開催するのは昨年に続き2回目ですが、昨年の反省も踏まえて東京司法書士会のキャラクター「しほたん」の着ぐるみにも応援に来てもらいました。
予想通り「しほたん」は子供たちに大変な人気があり、「しほたん」の集客力が直接相談に結び付いたケースは1件だけでしたが、会場の雰囲気がとても明るくなり、司法書士の制度広報として大変効果があったと思います。
 「しほたん」に加えて、昨年同様にポケットティッシュの配布や、相談に来てくれた人へのオリジナルデザインの扇子、ボールペン、エコバッグの配布も行い、大変に好評でした。
 また今年は現地での準備や撤収のときに使用する小型の台車を持っていきましたが、施設が広く、駐車場からバックヤードを通って会場までの距離が長いので、威力を発揮しました。またこの台車は「しほたん」の休憩時の運搬にも利用できました。
 相談件数は、午前中が4件、午後が6件の合計10件でした。昨年より件数が減りましたが、1件当たりの相談時間は十分に確保することができ、中には1時間以上相談する人もいました。
 相談内容については、相続・遺言に関するものが全体の7割程度を占め、その中での将来発生する相続に関する相談が多くありました。相続関係以外では、成年後見制度に関するのもが2件、賃貸借契約の更新についての相談が1件ありました。
 また、今年は耳の不自由な方からの筆談による相談も1件ありました
が、通常より時間をかけて相談に対応することができました。
 今後も地域市民の様々なニーズに応えられるよう少しずつ内容を改善しながら、相談会を継続していきたいと考えています。 (広報委員会 野村耕史)  上へ

 平成29年7月8日(土) 「司法書士の日」を記念した府中支部の支部活動

 府中支部では、8月3日の「司法書士の日」を記念して、支部活動の一環として7月8日府中市で開催されました「第28回市民スポーツ・レクリエーションフェスティバル」の競技種目の1つである「玉入れ」に参加してきました。
 当日は東京司法書士会の親善大使である「はたゆりこ」さんも競技に参加していただき、皆で支部オリジナルTシャツを着て素晴らしい結果も残すことができました。
 ま また府中市の子供たちも沢山参加しておりましたので、司法書士という職業を知ってもらえるいい機会になりました。(広報委員府中支部 橋成樹)  上へ

 平成29年8月19日(土) 檜原村「払沢の滝ふるさと夏まつり」に参加して広報活動

 8月19日(土)、檜原村で開催された「払沢の滝ふるさと夏まつり」に参加いたしました。
 今年の夏は40年ぶりの長雨が続いてましたが、この日は天候にも恵まれ、夏らしい天気となり、お祭りも沢山の屋台が並び、地元の太鼓やカラオケ大会の演目等披露され、大変に活気に満ち溢れておりました。
 社会問題対策委員の方々は、道行く地元の方々に法律クイズを出し、正解するとノベルティグッズの扇子、エコバッグをプレゼントしました。とても暑い日でしたので、沢山の方々が扇子を使ってくださいました。
 このお祭りは、敷居の高い相談というよりも、身近な法律を通して地域の方々へわかりやすく接することで、司法書士とはどういう仕事をしているかという広報活動として長年にわたり続けております。
 古き良き日本のお祭りに触れた1日でした。(広報委員会取材 和田信仁郎)  上へ