東京司法書士会三多摩支会
司法書士とは 支会紹介 無料相談 情報誌 イベント情報 リンク 研修会等情報(会員向)

 支会ニュース「アダージョマエストーソ」 第46号 2007,4,15

 平成19年3月17日(土) 三多摩支会市民公開講座

 平成19年3月17日(土)13:00より、立川にある立川市女性センターアイムの1階ホールにおいて、三多摩支会主催、立川市及び立川市社会福祉協議会後援による、市民公開講座が開催された。

 市民公開講座は、司法書士のアピールの場としても、また地域の市民が気軽に参加できる身近な司法制度の紹介の場としても、重要な役割を果たしており、今回で18回目を数える。

  

桂ひな太郎師匠の後見落語


成年後見についての解説
 本年は、これまでの各支部の持ち回り開催の方式を修正し、三多摩支会が主体となって開催する方法で昨年秋依頼、市民公開講座特別委員会と広報委員会との合同委員会を重ねて、企画・準備を進めてきた。

 今回は、成年後見制度と相続の知識をテーマとして、第1部ではすでにこの分野では有名な落語家の桂ひな太郎師匠をお招きして、「後見落語」をお願いし、また、第2部では、三多摩支会会員による「相続人はだ〜れ」というテーマでの相続の基礎についての講義を行った。

 第1部では、「後見落語」の面白さに会場が笑いで包まれ、また、落語のあとの成年後見についての解説にも、師匠が参加され、講師に鋭い質問を投げかけるなど、会場の参加者と共に楽しく成年後見制度を学ぶことができたのではないかと思う。

 第2部では、相続に関して、多摩支部の相田会員が、具体的な事例をあげて元気のいい講義を行い、これも好評であった。

 全体に予想より参加者が少なかったのが今後の反省点ではあるが、これからもこうした事業を通じて、市民への法律制度をわかりやすく理解してもらう企画を継続していきたいと考えている。

第2部「誰でもわかる相続のハナシ」