東京司法書士会三多摩支会
司法書士とは 支会紹介 無料相談 情報誌 イベント情報 リンク 研修会等情報(会員向)

 支会ニュース「アダージョマエストーソ」 第48号 2007,9,4

 平成19年7月19日(木) 都立小平南高校法律教室  (7月18日都立三鷹高校法律教室)

 平成19年7月19日(木)、都立小平南高校において、朝9時より約1時間半ほど全校生徒を対象に、夏休み前の法律教室を開催した。

 これは、近年若年層を狙う悪質商法被害や多重債務問題等が増加の一途をたどっているという現実に対応するため、数年前より三多摩支会の社会問題対策委員会において、 そのような被害を未然に防止するために、司法書士として何が出来るかを検討し、企画し行っているものである。 今年は、先生達の目の届きにくくなる夏休み前の開催に努力した。

今日の法律教室の趣旨を説明

熱心に聞き入る生徒達
 社会問題対策委員で予め作った台本を、同校演劇部の生徒に演じてもらった。台本の事例について法律・実務的にはどうするのが正しいか、 コメンテーターにはそれぞれのキャラクターで異なった意見を述べてもらい、これを受けて高校生には三択のクイズ形式で解答してもらった。

 携帯電話にまつわる問題、架空請求等々には生徒たちも真剣なまなざしで聞き入り、討論に参加していた。

 同じ進行で、前日の18日(水)には、都立三鷹高校において、法律教室を開催した。


全校生徒が参加

猛烈な速さで説明上へ