東京司法書士会三多摩支会
司法書士とは 支会紹介 無料相談 情報誌 イベント情報 リンク 研修会等情報(会員向)

 支会ニュース「アダージョマエストーソ」 第55号 2008,3,10 

 平成20年3月4日(火) 三多摩支会40周年記念公演開催 於:パルテノン多摩 大ホール

三多摩支会40周年記念事業 *市民公開講座*
   司法書士劇団『リーガル☆スター』公演
       〜ボケてても、好きな人〜


 我々東京司法書士会三多摩支会は本年度で40周年を迎えることとなりました。
 その記念事業として、毎年行われている「市民公開講座」の位置づけで、今回は役者は全員司法書士という東京司法書士会劇団『リーガル☆スター』による公演〜ボケてても、好きな人〜を下記の要領にて開催いたしました。
 日 時 平成20年3月4日 午後6時30分 開演
 場 所 パルテノン多摩大ホール
 主 催 東京司法書士会三多摩支会
 共 催 東京司法書士会
 後 援 多摩市、多摩市社会福祉協議会、稲城市社会福祉協議会、日野市社会福祉協議会、東京都医療社会事業協会、成年後見センター・リーガルサポート東京支部、東京税理士会日野支部、東京都宅地建物取引業協会南多摩支部、 多摩市シルバー人材センター、多摩南部成年後見センター、いなぎ社会福祉士会、多摩商工会議所、多摩青年会議所、東京多摩ライオンズクラブ、東京多摩ロータリークラブ、東京多摩グリーンロータリークラブ(順不同・敬称略)
 当日はパルテノン多摩の大ホール(収容1400名)がほぼ満席の状態となり、ご覧になっていただいた観客の皆様にもとても好評でした。年配の方のみならず若いカップルの方々にも大勢来ていただけて、主催者としてはうれしい限りです。
 事前の広報活動には、できる限りの力を注いでまいりましたが、ここまでの大成功を納めるとは嬉しい限りです。市民公開講座としても、司法書士の制度広報としても本当に実りある記念事業となったのではないでしょうか。
 以下、清家支会長の手記にてお楽しみ下さい。

    40周年記念事業顛末記
 ぞろぞろ人が、やってくるではありませんか。なんと、お客さんは1200人以上。1番頑張った松村さんがそれを見て、大泣き。我々ももらい泣き。 当たり前のことなのですが、頑張れば報われる、ということを再認識した1日でした。
  プロジェクターはヒット。リーガル☆スターの公演の前に日頃の我々の活動の一端(水木の相談会・街頭相談会・奥多摩相談会・高校生講座等)を説明したのですが、反応は最高!  
 「司法書士はこんなことまで、やるんだ〜」と、感嘆の
声しきり。制度広報としては最高。
 ナベちゃんはスター。渡辺副支会長は『霊界のご意見番』役で出演していたのですが、何故か彼が登場すると拍手が。キャラクターのせいだろうか?不思議だ。
 河西さん(田無支部)は高校生ではありません。高校生役です、念のため。でも、下村さん(田無支部)を本物の住職と勘違いしても仕方ありません。
 多摩市長は最後まで公演を見てくださいました。「いかがでしたか?」とお聞きしましたら「とっても面白かったです。皆さん方の今後のますますの活躍を期待して
おります」とのお言葉をいただきました。
 感激です。公演終了後、出口でお客さんにお礼を言っていたら、何人かのお客さんがこれ見よがしに貼っておいたチラシを見つけて「これいただけませんか?」と言って持っていってくださいました。ありがたい限りです。 皆さん「面白かった」と、言ってくださいました。
 小村東京司法書士会会長も、大喜び。「どうです、会長。これが三多摩支会の底力です」と思わず言ってしまいそうになりました。・・・・アッ、書いてしまった。    文責 清家   
上へ