東京司法書士会三多摩支会
司法書士とは 支会紹介 無料相談 情報誌 イベント情報 リンク 研修会等情報(会員向)

 支会ニュース「アダージョマエストーソ」 第90号 2011,02,04

 ■ 目 次
  1. 三士会の勉強会、テーマ「成年後見の実務」で開催
  2. 八王子支部主催の“市内巡回”無料法律相談会を開催
  3. 八王子支部セミナーで「新オンラインシステムの利用上の留意点」を学ぶ

 平成23年1月20日(木) 今回のテーマは「成年後見の実務」で、三士会勉強会開かれる

  平成23年1月20日、八王子の弁護士会館で、通算5回目となる三士会(多摩地域の弁護士・税理士・司法書士の集まり)による勉強会が開催されました。
 勉強会は、毎回、弁護士、税理士、司法書士の持ち回りで講師を担当して行われています。
 今回は、一般民事事件、家事事件を中心に取り組んでおられる弁護士の北村将郎(きたむらまさお・八王子市)先生より、「成年後見の実務」についての講義が行われました。
  後見制度の基本から、申立て方法について、北村先生の実務上注意を払っている点、さらに判断に迷うような点の法律的な解釈等、熱弁をふるわれ、密度の濃い内容となりました。
 成年後見業務は、司法書士や弁護士が関わっていることは御存じかと思いますが、勉強会に参加された税理士の先生も積極的に受任されており、それぞれの先生から、実務経験に基づくお話がありました。
 また、勉強会の終わりに、新たに立川でも三士会の勉強会を立ち上げる旨の発表があり、今後の活動が期待されます。  上へ

 平成23年1月29日(土) 八王子支部主催、無料法律相談会を開催

 平成23年1月29日、八王子支部恒例の司法書士による無料法律相談会が、市内の長房市民センターで開催されました。
 この八王子支部が開催している相談会は、八王子は市域が広く市の中心部だけでの開催ではお年寄りなどに不便だろうということで、毎年市内の市民センターや市民集会所など、場所を変えて行われています。
 今年は、例年になく一日中寒く、また長房市民センターの交通の便が余りよくないわりには20名もの相談者が訪れ、常日頃からの四方山疑問点を相談員にぶっつけていました。
 相談内容としては、相続6件、登記9件、クレサラ2件、成年後見3件、裁判関係2件、その他4件の合計26案件でした。
 この会場は和室がメインのようで、相談会場としてこのような和室での開催ははじめての体験です。
 座り込むのが困難な方用に椅子席も用意しておきましたが、畳の上に座布団での座り込んでの相談に、寛いだ雰囲気での長談義となり、 意外と相談にこられた方には講評だったようです。1人で何件もの悩み事を相談される方が幾人もいました。 (HP編集室) →上へ

 平成23年2月3日(木) 八王子支部セミナー「新オンラインシステム利用上の留意点」開催

  新オンラインシステム稼動まで後残す10日ばかり(従来システムの稼動は実質あと5日で終わる)となった2月3日(木) 、八王子市クリエイトホール、生涯学習センター11階視聴覚室において、「新オンラインシステム利用上の留意点について」と題して、八王子支部の支部セミナーが開催された。 講義は午後6時15分から9時15分までのたっぷり3時間行われた。
 講師は言わずと知れたこの道の達人、オンライン講
習で超人気の八王子支部の皆川邦彦会員。
 翌週の10日には、同じく皆川会員が講師として、支会主催で武蔵野市の武蔵野スイングホーム10階スカイルームで同様の研修会が行われる予定だが、 こちらの研修会は案内文を支会の回覧で流したところ2日も経たないうちに定員となってしまったそうだ。
 皆川会員による超分かりやすい解説を、八王子支部会員だけでなく多くの会員が聞きたいということで、支部
 
会員以外にも案内したところ、約60名の参加となって、熱心に説明を聞き入っていた。
 新システムのインストールの仕方から、実際の利用において従来のシステムから変更された点、従来どおりの点など、講師がパソコンを持ち込んで具体的に確認しながらの講習で、 法務省HPからのPDFマニュアルではイマイチわからない点がよく理解できる説明であった。
 従来のシステムで問題のあった点がしっかり改善されているところもある反面、従来よりも使いづらくなった点も多々あるように筆者には見えるが、 少なくとも司法書士以外の一般の人がオンライン申請(本人申請)に取り付きやすくなったことは確かだ。 (HP編集室)  →上へ