東京司法書士会三多摩支会
司法書士とは 支会紹介 無料相談 情報誌 イベント情報 リンク 研修会等情報(会員向)

 支会ニュース「アダージョマエストーソ」 第97号 2011,11,04

 ■ 目 次
  1. 第2回裁判事務教室「個人再生手続の実務」を開催
  2. 田無支部主催 支会後援 5市6会場一斉相談会を開催
  3. 山梨県小菅村で無料法律相談会を開く 司法過疎対策事業

 平成23年10月14日(金) 裁判事務教室「個人再生手続の実務」を開催

第2回裁判事務教室 テーマ 個人再生手続の実務に参加して(武蔵野支部 武田一樹)
 10月14日、立川市女性総合センターアイムにおいて、「個人再生」に関する研修会が開催されました。
 講師には、「個人再生をはじめ、債務整理や〜についても積極的に取り組まれている立川支部の植村清先生を迎え、会場は満員でした。
 前半は、受託、小規模個人再生と給与所得者等の再生違い、再計計画案の作成、手続きの流れ、費用など、実務に直結する内容が目白押しでした。
 後半は、事例をもとに、取るべき手続きの見極めについてや、実際に使用されている各種書式、現在の裁判所の運用などを知ることができました。 また、植村先生ご自身がEXCELを利用して作成されている返済計画表や、清算価値算出シートなどを、実例を交え見せてくださいました。
 研修終了後、植村先生がふんだんに利用されたエクセルの関数について、多くの先生が質問をするために集まっていたことも印象的でした。
 植村先生の熱意とパワーに終始圧倒されたまま、研修時間の3時間は、あっという間に終了といった印象でした。
 「個人再生」をこれから始める方にとっても、後押しをしてもらえるような実践的な内容でした。 上へ

 平成23年10月24日(土)  五市一斉相談会 主催:田無支部 後援:三多摩支会

 平成23年10月22日(土曜日)田無支部主催の五市一斉無料法律相談会が開催されました。
 この相談会は東京税理士会東村山支部と東京司法書士会三多摩支会の協賛で年に一回、五市六会場で行われ、田無支部では一年で最も大きな行事として取り組まれています。
 今年は朝から小雨が降ったり止んだりのぐずついた天気で、相談会に来られる方の出足が鈍くな

るのではと危惧しておりましたが、やはり相談者の数は振るいませんでした。
 相談者数は昨年が130名だったのに対し、今年は86名。唯一昨年よりも相談者数が多かった会場は清瀬市の生涯学習センターで、天候が影響したのだとすると、駅から非常に近い会場だったことが関係するのかもしれません。
 相談内容は裁判関連の相談が伸び、昨年は7名でしたが、今年は11名でした。相談者数が大幅減だったことを考えると、相談内容に占める割合が非常に高くなったと言えます。
 また、法律相談の後に税務相談を続けておこなっていく方が多く、法律と税務の相談が密接に繋がっていることを感じさせられました。 上へ
  アスタ 東久留米南部地域センター 東久留米西部地域センター 小平中央公民館 東村山市民センター 清瀬生涯学習センター 合計
 相談者数
 合計 37 4 8 18 5 14 86
 男性 16 2 3 7 3 5 36
 女性 20 2 5 11 2 9 49
 不明 1           1
 相談内容
 登記 6 2 2 3 3 2 18
 相続遺言 8   5 8   7 28
 売買贈与 2     2     4
 成年後見 2     1   2 5
 クレサラ 2     1     3
 裁判 9 1     1   11
 税務 6 1 4 5 2 4 22
 その他 4 1     1   6

 平成23年10月30日(日) 多摩川源流、山梨県小菅村で無料相談会を開く

 去る平成23年10月30日(日曜日)、山梨県北都留郡小菅村で、山梨県会と三多摩支会の共催で、無料法律相談会を開催した。
  打ち合わせと親睦を兼ねて前夜から山梨県会から4人、支会からも4人泊まり込み、早朝からは準備と集落を回っての宣伝活動を行った。
 当日朝から山梨県会会長も来られて、山梨会は総勢6名の体制で取組まれた。支会からは支会長と社会問題対策部長が参加した。
 役場の協力で、村内回覧や村内放送で事前に案内もしていただいたこともあって、午前10時から午後2時魔での間に2人の方が相談に来られた。人口が826人の過疎の村だから、司法書士によるはじめての相談会としてはまずまずの数と言えるだろう。
 相談内容としては、相続と共有林野の整理の2件。共有林野の問題は、東京では奥多摩町や、神奈川の山間部あたりでしか見受けない問題だが、山梨県ではあちらこちらで出てくる案件だそうだ。
 過疎対策として取組むには、村落共同体でのかつての入会地が
いかにして登記上の「共有」になっていったのかなど、その地域特有のいろいろな勉強をしておかなくてはいけないと感じさせられた。
 奥多摩湖上流で本流の丹波川と分かれ小菅川沿いに点在する集落には、都民の憩いの場となるレジャー施設も豊富だ。上へ